デリケートな問題|小陰唇縮小は簡単にできる

ウーマン
お尻

小陰唇のサイズによリスク

小陰唇のサイズが多少大きい程度では日常生活にほとんど影響はありませんが、一定のサイズ以上の小陰唇は日常生活に若干支障をもたらします。よって早急に小陰唇縮小手術を行った方が良いかもしれません。

レディー

病院で選ぶ

小陰唇縮小手術を行うとき、様々な悩みが人にあります。その悩みは、病院によって解決できる可能性があるので病院と比較して探してみましょう。なお、選ぶ基準としては評判のいいところを中心に探しましょう。

困る人

手術後の注意事項

小陰唇縮小手術が終わった後は、傷がふさがるまでいろいろなことに注意しなければなりません。傷が癒着する前に運動をすると、見た目が悪くなってしまう恐れがあるからです。

コンプレックスの解決法

女の人

男性の場合、性器が大きいのは自慢になりますが、女性の場合はコンプレックスとなってしまいます。特に小陰唇のサイズはコンプレックスになっている人が多く、できることなら小陰唇縮小をしたいという女性は少なくありません。その場合、一番手っ取り早いのがクリニックに行き、相談をすることです。小陰唇のサイズで悩んでいる人は多いですが、実際にカウンセリングを受ければ自分のサイズは大きくないということがわかるかもしれません。もし、大きかった場合、クリニックで小陰唇縮小手術をうけることができます。
小陰唇縮小手術を行う場合、基本的には余分な箇所を切除して通常のサイズに戻します。切除と聞くと非常に痛みを伴うと思う方は多いかもしれませんが、実際には局所麻酔を用いて切除を行うので実際に感じる痛みは殆どありません。また、縫合して抜歯を行うのは術後わずか2~3週間後であり、その間運動を行うことができない程度なのでほぼ実生活に影響はありません。縫合跡が癒着すればまた以前のように生活できますし、肥大した小陰唇もなくなっています。
この小陰唇縮小手術を行うときに注意すべきなのが、クリニック選びです。ほとんど人に見せる箇所ではないのですが、それでもやはり邸内な手術とそうでない手術とでは若干見た目が異なります。よって、できるだけきれいな小陰唇にしたいのであれば、評判の良いクリニックに通って小陰唇縮小手術をうけることをおすすめします。